住居用洗剤を使い分けて綺麗な家を維持しよう

頑固な油汚れを落とす

キッチン

普段なかなか掃除の手が回らずに、放っておくと大変なことになってしまうのが換気扇です。特にキッチンの換気扇は、料理をする場所のため油汚れとホコリが混じりあってしまいなかなか綺麗になってくれません。そもそも換気扇はプラスチックで製のものが多いですが、プラスチックの原材料は石油です。料理をしたときにでる油とは仲間の成分であるために強力にくっつき合おうとするのでしぶとい汚れとなります。水ぶきで力強くこすっても、落ちてくれない汚れは洗剤を使って掃除しなければなりません。洗剤の種類はたくさんありますが、換気扇の掃除にはどのような洗剤を使ったらよいのかみていきます。洗剤とひとくちに言っても、酸性、中性、アルカリ性の3種類があります。酸性の洗剤は、トイレの黄ばみなどの汚れを落とすことが得意です。中性洗剤は、3種類の中では一番マイルドに作用するので、あまりひどくない汚れに使用されます。最後にアルカリ性の洗剤ですが、このアルカリ性の洗剤が、油汚れを落とす力が強いです。頑固にこびりついてしまった油汚れには、アルカリ性洗剤を用いて掃除してください。さらに普通の布でこするよりも、アクリル製の毛糸を束ねたものをしようしてあげると、より汚れ落ちがよくなると言われています。もしくは、アルカリ性の洗剤を溶かした水にしっかりと漬けてあげてください。こうすることで、換気扇と強力にくっつき合おうとしている油汚れを浮かしてあげることができるのです。また、汚れ落ちの良い洗剤を常備して、こまめな換気扇の掃除をする方が負担は軽く済みます。定期的な換気扇の掃除を心がけてください。